クロポトキン 相互 扶助 論

クロポトキン 相互 扶助 論

クロポトキン 相互 扶助 論



クロポトキン,ピョートル. 1842~1921。. ロシアの思想家。. ロシアでの革命家としての活動は1870年代から1880年代の後半で終わっている。. その後イギリスに亡命し、 …

『相互扶助論』(相互扶助 進化の原因) Mutual Aid: A Factor of Evolution は、ロシアの地理学者、アナーキストであるピョートル・クロポトキンの、1902年の小論文をまとめて出版された書籍である。この諸論文はもともと1890年から1896年にかけて雑誌『19世紀』に英語で投稿されたもので、相互に恩恵のある協力関係、互恵性(相互扶助)が生物環境においても人間社会においても果たす役割を、過去から現在にかけて明らかにすることを目指していた。 クロポトキンはこの中で社会ダーウィニズムの理 …

クロポトキンは個人主義を否定するが(p.302)、個人の自己肯定を相互扶助と共に進化の一要素とする(p.300)。「この自己肯定は、....部族や、村落共同体や都市や、国家などが個人に強要する、しかも必ず凝り固まってしまいやすい桎梏(しっこく)を打ち破らんとする作用の中にも現れる。(p.301)」とする。

相互扶助論 : 進化の一要素 著者 クロポトキン 著[他] 出版者 春陽堂 出版年月日 大正13 請求記号 523-198 書誌id(国立国会図書館オンラインへのリンク) 000000591268 doi 10.11501/979698 公開範囲 インターネット公開(保護期間満了) iiif マニフェストuri

ピョートル・アレクセイヴィチ・クロポトキン(Пётр Алексе́евич Кропо́ткин、Pjotr Aljeksjejevich Kropotkin、 1842年12月9日 - 1921年2月8日)は、ロシアの革命家、政治思想家であり、地理学者、社会学者、生物学者。

こうした自然界でのフィールドワークから動物の相互扶助の実態に関するさまざまな知見を得たのです。これが、『相互扶助論』の考察の出発点になっていることは、クロポトキン自身が「序論」でのべているとおりです 注3) 。そして、副題が「進化の一要因」A Factor of Evolution となっていることも、それを証しています。

相互扶助の理論と自発的な生産者組合組織を基盤とする無権力社会を構想した。主著『叛逆者の言葉』 (1885) ,『パンの略取』 (1892) ,『相互扶助論』 (1902) ,『フランス大革命 1789~1793』 (1909) 。

 · クロポトキンによれば 「相互扶助」という思考回路は、生物が進化していく過程で、身につけざるを得ない道徳 であるという。

クロポトキンが分節した「相互扶助」は、パンデミックが既存の福祉国家制度の限界や隙間を露呈させるなか、ふたたび大きな注目を集めている *4 。 *4 たとえばSpace, Dean. Mutual Aid: Bulding Solidarity During This Crisis (and the Next). Verso, 2020.

だから、クロポトキンは、「相互扶助をおこなわなければならない」と説いているのではなくて、「相互扶助は生物にとってあたりまえのこと、なくてはならないものなのだ」ということを事実を通じて明らかにしようとしているのです。そして、そのあたりまえのこと、なくてはならないものがあたりまえではなくなり、失われつつあるのはどうしてなのか、何に ...

クロポトキン 相互 扶助 論 ⭐ LINK ✅ クロポトキン 相互 扶助 論

Read more about クロポトキン 相互 扶助 論.

kims-kosmetika.ru
praktikspec.ru
logan-zapchasti.ru
gaz-3309.ru
helps-jurist.ru
happykupons.ru
vmtz-spb.ru
strekoza-tours.ru

Also looking for:


Comments:
Guest
Forget the troubles that passed away, but remember the blessings that come each day.
Guest

A good rule to follow is to do unto others as though you were the others

Guest
The best attitude to have it gratitude.
Calendar
MoTuWeThFrStSu